手作り職人こだわりの味
株式会社エム・トゥ・エム
・丁寧な製法
1.計量
計量
1回で作る製品の量は数百キロにもなりますが、混ぜ合わせる材料はグラム単位で準備していきます。そうすることで同じ味を作り続けることができます。
2.最後の一滴
最後の一滴
缶を固定しているのは、中身がすべて流れきるのを待っているからです。 最後の一滴まで無駄にしない。こうすることで、計量した材料を正確に使用できるだけでなく、洗浄の手間も減らすことができます。
3.手作り
手作り
火力の調整はコックを指で軽くコンコンとはじいて操作するほど微妙な力加減を必要とします。 火を通す時間も、温度や湿度などで日によって変わるため、機械で自動化することなく、手作りの製法を続けています。

B-plus